男のヒゲは減りにくい。早く減らしたいなら美容外科に通うべき

こんにちは、小杉毛太郎です。

今回は美容外科のナースさんに美容外科のおすすめポイントを教えてもらいました。というか記事を書いてもらいました。

—-

男性のヒゲは脱毛部位の中で最も減らしたい場所であり、減りにくい場所でもあります。
もしあなたが自宅でヒゲ脱毛をしようとしているもしくはしているけどあまり効果が感じられないなら即やめたほうがいいです。

それは効果があまり期待できないから。自宅で脱毛できないならエステか病院になると思いますが、ヒゲ脱毛をしたいなら、病院での脱毛をお勧めします。

医療機関で脱毛することを勧めする理由

美容外科にヒゲ脱毛にくる男性に話を聞くと以前エステで脱毛したけど全然効果がなかったという人が多くいます。
なかなか効果が出なくてお金ばかりかかってしまったという方は意外と多いのです。

病院に置いてある脱毛器と、エステにある脱毛器は違う

医療機関にある脱毛器は医療用のレーザ脱毛器になります。
レーザー脱毛は、単一の波長で集中的に熱を集めて照射していきます。
出力が高く、メラニン色素(黒色)に反応するレーザーなので
メラミン色素の多い毛母細胞(毛根で毛を作っている細胞)にレーザーの熱が集中し、毛母細胞を破壊することができます。メラニン色素が多いと黒い毛になるのでしっかり反応させることができます。
半永久的に脱毛できるのは医療用のレーザー脱毛です。

この「細胞を破壊する行為」は、法的には「医療行為」に該当します。
したがって、医療レーザーを使った施術は医師がいないと施術できません。

エステの脱毛器は、光脱毛(IPL脱毛)や、SSC脱毛と言われる脱毛機です。
エステの脱毛は出力が低いため、毛根を破壊することはできません。

エステで行われる光脱毛は複数の波長を含んだ光を広範囲に照射します。
SSC脱毛は、黒に反応させるのではなく、制毛ジェルを光によって皮膚に浸透させることで、制毛効果を与える方法です。
どちらの機械を使っても毛を作っている毛母細胞の働きを弱めることしかできないので、毛が細くなるか、ダメージを負って一時的に生えなくすることしかできません

痛みの感じ方が違う

医療用の脱毛器は効果をしっかり出すため

  • 出力が高いこと
  • 照射板が小さいこと

で狭い面積に高エネルギーがが加わるため、かなり痛みがあります。
医療機関なので皮膚の表面に塗る麻酔をして施術することも可能です。

イメージとしてはゴムで弾かれる痛み×5倍くらいの痛さ?
これは予想なんでなんとも言えないんですが、照射していて「ジュッッ」っていう音がする時があるので
根性焼きを作るような痛さなのかな?と思っています。

ちなみに痛い部位ランキングをつけると

1位 鼻下
2位 顎
3位 顎下

の順番に痛がります。特に鼻したは痛いようで、麻酔をしてもある程度は痛みがあり、私のクリニックでは氷で冷やしてから施術しています。冷やすと少し楽なようです。
今は医療用の脱毛器に痛みの少ない蓄熱式の脱毛器もありますが、ヒゲ脱毛には効果を出すのに時間がかかるためお勧めしていません。(細い毛が生えている人には勧めることもあります)
医療用の脱毛器でも脱毛完了までに10回以上かかるので、エステでヒゲ脱毛するのは厳しいと思います。
腕や足などより回数が多いです。
エステは出力が弱い分痛みも少ないです。

費用面でエステのほうがやすそうに見えるが、回数がかかり減らない

値段を見てしまうとエステの方がかなり安い金額で脱毛を受けることができます。

私の働く美容外科でヒゲ脱毛をしている人を見ていると、
男性のヒゲはかなり脱毛の回数がかかります。生えなくなるには医療用の脱毛器でも8〜15回ほどかかります。エステでは2〜3倍ほど回数がかかってしまいます。

それは他の部位よりも毛が多いからです。青く密集しているような方はかなり回数がかかると覚悟していおてください。

脱毛が出来るのはレーザーを当てた範囲の2割程度しかできません。
それは毛には毛周期と言われる毛の生え変わる周期があり、

  • 休止期(まだ毛が生えていない状態)
  • 成長期(一番毛を作っている細胞と繋がりが強い時期。一番毛の色が濃く、全体の2割しかない)
  • 退行期(毛と毛を作っている細胞が完全に離れて毛が抜け落ちる)

成長期の毛しかレーザーに反応しません。

2割しか脱毛できる毛がないので、なかなか減らないのはよくわかりますよね。

炎症や水ぶくれになった場合の対応や、リスクがある方には施術ができない

脱毛のリスクは火傷と照射後の肌荒れです。
火傷はひどいと水ぶくれになってしまいます。
水ぶくれになってしまうと色素沈着を起こして半年間ほど肌が茶色くなってしまうことがあります。

レーザーを当ててヒゲにしっかり反応していると、
赤みが出たり皮膚がボコボコしたり、ヒゲが照射後に出てくることがあります。

何も反応がないと毛が減らないので、しっかり反応する出力でレーザーをあてています。
かなり赤みが出るのでしっかり冷やすのですが、
医療機関では炎症止めを処方してもらうことができるので安心です。

ヒゲの濃い人はレーザーを当てるとニキビができる可能性があります。
ニキビはしばらくすると直りますが、
レーザーを当てるたびにできるので肌荒れが起こる方は先生に相談してニキビ薬をもらいましょう。

エステは薬が処方出来ないので肌が赤くなるほどレーザーの照射ができません。
エステで脱毛するときは

  • 薬を飲んでいたら施術が出来ない
  • 予防接種後は施術出来ない
  • 肌が乾燥していると施術出来ない
  • 日焼けしていると施術出来ない

などエステサロンによっては施術する際に取り決めがあるところもあります。
エステでもかなり出力を当ててしまって水ぶくれができた方や、脱毛後に湿疹ができた方がいるので、もしエステで脱毛を考えるのであれば医療機関と提携しているところを選ぶとすぐに対応してもらえて安心です。

毛が抜ける期間

ヒゲは照射中に抜けるものもありますが、それ以外は1〜2週間で徐々に抜けてきます。エステは2週かんくらいで抜けるようです。

通う期間

医療期間はそのクリニックにもよりますが、1回の施術とその次の施術の間を4週間あけています。大体の方が1年〜2年程度通っています。

費用は?

値段は場所によって様々ですが、クリニックだと10万〜20万

ヒゲ脱毛をしたいなら病院へ行こう

ヒゲ脱毛をするなら私は医療機関で行うことをお勧めします。
ヒゲ脱毛はエステで減らなくてクリニックに来る方が多いからです。

エステは脱毛するにもかなり時間がかかりますし、通ってもあまり減らないなら意味ないですよね。