彼女が欲しいのであれば、考え方を変えて下さい

あなたには彼女がいますか?もし「いいえ」と答えたなら、今日の記事を少しばかり読んでみて下さい。

なぜあなたに彼女ができないか。それは考え方が間違っているからです。彼女を作るためには思考を変えなくてはいけません。今回は彼女を作るための考え方について書いていきます。

世の中には可愛い人がいっぱいいる?

街を歩いていると、可愛い女の子が歩いているのを頻繁に目にします。特に東京都か地方都市とか、ある程度人口が多い所には可愛い子がうようよいます。

そうすると、

「可愛い子はいっぱいいるのに、なんで俺には可愛い彼女ができないのだろうか」

と思ってしまいます。しかし、あなたに可愛い彼女ができないのにはシンプルな理由があります。

そもそもあなたが思っているほど、可愛い子はいない。

はい、それだけです。単純すぎて怒りが湧いてきましたか。でもそれが世の中の真理なのです。

街を歩いていて目にするのは、世間のほんの一部です。ただ単に、可愛い子に注目してしまいますが、「普通」「ブス(失礼は承知で書きます)」の人達の方が圧倒的に多いのです。ただ目に入っていないだけです。

ですから、可愛い子を追い求めて彼女を探しても無理なんです。実はあなたが思う「可愛い子」「美人」というのはほんっっっっとうに少ないのです。

可愛いは正義ではない

可愛いから良いという訳ではありません。というか、外見は一旦忘れて下さい。

例えば、趣味が合うとか食べ物の好みが合うとか、相手の中身や自分との相性を重視するべきです。可愛い子・美人な女性と付き合うより、重要なのはそこなのです。

 

自分を磨くしかない

はっきり言って、彼女を作るには自分を磨くしかないです。

  • 仕事を頑張って収入を増やす。
  • ファッションを勉強して服装を変える。
  • 言動を変える。

「そんな、自分を偽りたくない!」って思った人。お黙りなさい。

頑張って自分を変えるというのは、偽りではなく成長です。ありのままのあなたがモテないのは、成長が足りないだけなのです。

ストライクゾーン狭くて得することってある?

私はですね、広いんです。ストライクゾーンが。これって、すごい得してると思うんですよ。だって、楽しみが広がるんですよ?

私が「〇〇さんが可愛い」と知人や友人に言ってもね、「そう?微妙じゃない?」て返されることがあるんですよね。内心「何様?」って思っちゃうんですけど。

なんでそんなストライクゾーン狭くするの?じゃあ、こだわり抜いた女性と付き合えてるの?付き合えてるなら文句はないですけどね。

もし、彼女ができないのであれば、ストライクゾーンを広くして好き嫌いをなくしていくことが大事じゃないですかね。妥協じゃないよ。好きの範囲を広げてみるんです。

大半の女性が可愛く見えることほど楽しいことはないよ?

 

他にもこんな記事書いてます。
モテるテクニック。彼女を作る方法を徹底解説